SPONSORED LINKS
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
PROFILE
LINKS
相互
BBS7.COM
MENURNDNEXT
みんなの自動リンク集 ダイエットTHEサプリ に投票する アクセスアップ.NET - SEOでアクセスアップ
一括相互リンク
簡単!自動相互リンク
SEO対策無料相互リンク
自動相互リンカー
相互リンク mutuallinks
自動で相互リンク!surrlink
自動相互リンク yellow-aquamarine.com
自動相互リンク double-cross.info
自動相互リンク coral-green.net
自動相互リンク blood-stone.info
自動相互リンク blood-carnelian.com
自動相互リンク black-alexandrite.com
自動相互リンク blue-tanzanite.com
自動相互リンク cardinal-garnet.com
自動相互リンク rose-quartz.info
自動相互リンク saxony-blue.com
自動相互リンク scarlet-tourmaline.com
自動相互リンク slate-gray.net
自動相互リンク sulfur-yellow.com
自動相互リンク vermeer-blue.com
相互リンクチェック Viewer
ドラゴンクエスト攻略ナビ
グーグルページランクチェッカー
楽天アフィリエイトツール
自動相互リンク stamfordarts.com
自動相互リンク eab-skide.com
自動相互リンク deco-viv.com
自動相互リンク ra8ms.com
自動相互リンク nsdracing.com
自動相互リンク jf-reducer.com
自動相互リンク sgxzncpa.com
自動相互リンク baldrigeworks.com
自動相互リンク taipinquiri.com
自動相互リンク evasionsl.com
自動相互リンク heydevils.com
自動相互リンク gongshangjw.com
自動相互リンク buddhakorea.net
自動相互リンク lulucisneros.com
自動相互リンク dauphinlimousines.com
自動相互リンク revealterno.com
自動相互リンク szhi-tech.com
自動相互リンク laser-com.com
自動相互リンク newstarsolutions.com
中古ドメイン
シャネル 香水
ブルガリ 香水
占い 姓名判断
スイス ホテル
京都 ビジネスホテル
エキサイト占い

自動相互リンク集 SeoLink Japan 自動相互リンカー 自動相互リンクナビ 自動相互リンクサイト SEOリンクPlus 自動相互リンクALES 相互リンクドクター クイック 相互リンク お手軽 相互リンク 無料 IP分散被リンク 中古ドメイン 販売 SEO対策 被リンク
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
親の15%が幼児にサプリ 6割、栄養補給が
サプリ / malsv
親の15%が幼児にサプリ 6割、栄養補給が目的 過剰摂取「有害の恐れ」 
国立健康栄養研が初調査 『1』
                               2009年7月6日 提供:共同通信社


 幼稚園や保育所に通わせている保護者の15%が、ビタミンなど特定の成分を濃縮した健康食品のサプリメントを、子どもに与えていることが6日、国立健康・栄養研究所(東京)が初めて実施した調査で分かった。

 保護者の6割は「栄養補給」が利用目的と回答。食生活に何らかの改善が必要と感じて、サプリに頼る実態が浮かんだ。

 研究所は、幼児への有効性や安全性など検証したデータは乏しいとし「身体に必要な成分でも安易に与え続けると過剰摂取につながり、幼児に有害な作用が出る恐れがある」と注意喚起している。

 調査は2007年5月から9月に青森、山形、茨城、栃木、埼玉、千葉、香川の7県の幼稚園や保育所計21カ所で実施。子どもの年齢は6歳までで、保護者2125人のうち1533人から回答を得た。

 結果によると、口の中で溶ける錠剤や粉末、カプセルなどのサプリを、15%に当たる228人が子どものため利用したことがあると答えた。

 利用者のうち68%の154人が「ビタミンやミネラルのみ与えている」と回答。32%の74人は「そのほかも利用」と答え、33人は、脳の発達に良いなどと宣伝されるドコサヘキサエン酸(DHA)を含有する魚油系のサプリを利用。次いでプロテイン、キシリトールが各7人、ハーブが6人などだった。

 利用目的(複数回答)では「栄養補給」が140人で最多。「健康増進」58人、「病気予防」42人、「体質改善」27人と続いた。また106人が「たまに利用」と回答。「以前に利用」が90人、「毎日利用」は32人いた。

 使い始めた時期で最も多かったのは、ビタミンやミネラルは3歳からが59人、DHAなどそのほかのサプリは1歳からが19人だった。購入商品は「幼児用サプリ」が多かったが、成人用を使っているケースもあった。

▽サプリメント

 サプリメント ビタミンのほか鉄、カルシウムといったミネラルや、特定成分を濃縮した錠剤やカプセルなどの総称で医薬品ではない。健康食品の一つで、スポーツやダイエット、滋養強壮などさまざまな分野の商品があり、子ども用から高齢者向けまである。1996年度以降、医薬品の範囲見直しに伴い、ビタミンなどの栄養素は錠剤などの形状で販売できるよう規制緩和され、流通量が増えている。

http://health.97zufang.cn/yixue/2009/0906/266.html
| - | trackbacks(0) | -
pagetop
食材に含まれる栄養価の減少
健康 / malsv
普段私達の食べている現代の野菜や果物などは、化学肥料の過剰使用などによる土壌の疲弊や自然環境などの影響により、

食材自身に含まれている栄養素自体が低下しているそうです。

また、農作物に限らず畜産物や海産物もさまざまな環境汚染などの影響を受けたりしており、

そのような環境下で育った肉や魚の栄養価も、野菜などの農作物と同じく変化しているのではないでしょうか。

栄養素の大幅な減少
日本食品成分表によると、野菜に含まれる栄養素の量の比較で、1950年と1982年では大きな減少がみられました。

1950年の野菜に含まれる栄養素の量を100とした場合、

1982年では、

•ニンジンに含まれるビタミンAは20

•生椎茸に含まれる繊維質は36

•セロリに含まれるビタミンCは20

といったように、およそ30年の間で栄養素が大幅に減っているらしいです。
http://health.wow-town.com/kaibou/supplement06.shtml
| - | trackbacks(0) | -
pagetop
| 1/11 | >>

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--